災害時の活用トレーラーハウス 最終更新日: 
“宿泊村 エルファロ・2013年12月フル稼働開始” 「エルファロ」とは灯台の意

被災地で活用されるトレーラーハウス

被災地では、1日も早い復興を必要としております。

1995年の阪神淡路大震災以降、各地の災害復興に尽力してまいりました。
また、昨今の災害は想定出来ない被害を及ぼしております。

被災者や被災地のためにトレーラーハウスの活用により早期に復興が行なえるシステムがあります。

弊社は災害発生時に於けるトレーラーハウスの活用やセミナーを開催しております。

左の図は宮城県女川町旅館組合様運営による「宿泊村エルファロ」の完成図「2013年12月完成」、40台のトレーラーハウスにより130名以上の宿泊が可能となっております。
大型モデルでは日本最大! 「建築制限地での宿泊施設です」

震災地でのトレーラーハウスのご相談は「メール」・「電話」・
 「FAX」等でお気軽にご相談ください(短期レンタル等の対応も致します)

・トレーラーハウスは、仮設の住居や店舗に活用できますが、一番の利点は早期復興に着手できることです。
・欧米では国内の保有が数百万台とも言われております。
・日本の現状は、保有台数が少なく集合して備蓄する場所が無いことです。
・皆さまのご協力により、日本国内のトレーラーハウス保有台数が増えることにより災害発生時ばかりでなく、新たな産業や事業が考えられます。

最新情報
全国ネット
特選中古
レンタル・ローン
会社概要
住居モデル 各 種 350万〜
住設置例
店舗モデル 各 種 300万〜
店設置例
田舎暮し
災害時活用
輸送・設置
法的基準
接続要項
販売店募集
新聞掲載
製 造
自動車
クラシックカー
Pinバッチ
社員募集
お問合せ





災害時
活用
熊本県熊本地方大地震における被災された方、関係された皆様にお見舞い申し上げます。
 熊本市内及び周辺の被災えされた各地で支援活動開始
トレーラーハウス等RVの活用は社を挙げて支援させて頂きます。 (復興と被災地の笑顔を一番に!)
2016年09月 被災地の避難所としての活用 「5月〜8月末」国内初
  本来でしたら設置直後に公開したかったのですが避難所と言う性質から公開を遅らせました。
  トレーラーハウスを避難所に活用する為、国交省住宅局の住まいとしての安全等クリアーし熊本県の了承等、事前協議致しまた

5月避難所開所
トレーラーハウス日本初

熊本県所有地に
30台の設置。

安心して避難生活でき
る配慮が必要。

8月には住民のBBQ
が開催された。

9月5日に全て搬出
致しました。
熊本市内支援団体、益城町支援団体の場所設置 4月28日、5月8日
  被災地支援の場所として最初に設置したトレーラーハウスは2台・4台と増え、激震地区にも4月末に設置致しました。

4月18日2台、28日に
小型・大型4台で支援

益城町舎の直ぐ隣接地
に支援団体の場所

道の先は倒壊建物で
道路封鎖の為、渋滞

5月8日にはスロープ等も
完成、支援体制は万全

移動できる最大の強み
今後、移動して支援!
熊本県災害対策本部、益城町災害対策本部、清水国明さん等も訪問 4月22日
  熊本空港、益城町総合体育館、益城町災害対策本部。

熊本空港は断水
エスカレータ-も停止

熊本県内の工場で
従業員支援に4台

清水国明さん等と
被害状況の確認

清水國明さん、総合体育館内で人気と元気をお届け

支援団体の方々と夜中まで懇談トレーラーハウス内
熊本県災害対策本部での打ち合わせ「熊本県庁内」 4月18日
  県庁では自衛隊の水供給、益城町周辺及び総合体育館。

熊本県庁4月18日
2回目の地震直後

自衛隊の支援車両


水不足に重い水を
1箱づつ運んで供給

熊本県災害対策本部
から望む水の箱

大被害と被災者が多い
益城町総合体育館

ボランティアに紙おむつを
届ける九州の販売店

益城町中心地は倒壊
建物で道路封鎖。

道が狭く多くの車両が
交互通行の為、渋滞

倒壊建物が道をふさぎ
車両での支援は困難

柱が傾き崩れそうで
空撮等では分からない
 東北地方太平洋沖地震
 福島市・気仙沼市・東松島市・仙台市・石巻市・名取市・女川町・雄勝・大船渡市・陸前高田市・宮古市・住田町・山田町等各地で活用
2015年01月
 「いしのまき復興マルシェ2」
  復興マルシェは2014年11月
  防潮堤建設の為、閉館いたしました。

  (宮城県石巻市)

移転先は30m

そのまま活用できます。
*プレハブ等は全て解体や撤去(トレーラーハウスは30m先に移動)
  石巻商工会・街づくりにより(本年3月開業に向けて準備中。)
2014年09月伊豆大島の土砂災害地に1年越しで飲食店が開業(東京都大島町)
     平成25年10月25〜26日台風26号による大規模土砂災害が発生、被災された方が宮城県女川町のトレーラーハウス情報
      を見て約1年がかりでもともと行っていた飲食店を再開しようとしております。(写真は出発時と到着時)

店舗内写真

厨房の様子

出発準備完了

大島到着

設置完了
2014年02月17日 公立大学首都大学東京から「総合防災対策研究プロジェクト」として26名が参加し2日間にわたる視察
                ヒアリング、意見交換等行い首都圏における災害対策の研究が始まりました。

宮城県女川町庁舎内を提供

町の協力もあり自治体からの
参加者もありました。

被災地各地の状況報告等
震災を忘れない事が重要!

新しい防災対策の1つにモバイル
活用の実現が課題となりました。
2013年12月25日 兵庫県神戸市の皆様からの支援により可愛い集会所設置(宮城県女川町)
「兵庫県の支援団体の皆さんから贈呈された集会所」
  宮城県女川町の女性のためにと兵庫県の皆様が支援されたトレーラーハウス
  日本の基準(換気、吸気、科学物質、豪雪、等)に準拠した製品を・・・。
  と言う事で、弊社が受けクリスマスに設置完了しました。
  実際の式典は1月に行われ、楽しみの場所ができて良かったと思います。
2013年12月13日「女川の集い」(震災後、各分野の専門家が集結して懇談会を行いました)

女川宿泊村理事の皆さんから震災後の状況、早期事業を開始された苦労話など聞かせて頂きました。

文科省「防災分野研究専門委員」、
ミサワホーム総合研究所、日本RV輸入協会、よしもとクリエイティブ等から
多くの参加を頂きました。

「エルファロ」に宿泊した皆さん
宿泊した皆様からの感想は
快適に過ごせましたとの事でした。

女川町総合学習センター視察
ユニセフ、中村雅俊さんの支援で
子供達の「学び舎」が出来ました
正面は「清水國明さん」
2013年11月 フル稼働開始 エル ファロ(トレーラーハウス40台)(宮城県牡鹿郡女川町)
  第2期工事完了、64室145人の宿泊が可能、レストラン、会議室等完備して運営開始 EL FAROについて(詳細)
(本年11月に10棟の追加工事が終わり消防、保険所、他全ての許可を取得しております)

宿泊棟の移動10月開始
宿泊棟は下に移動

撤去まで1時間〜会議室棟と入替は半日で完了

会議室棟に入替2時間
新しい会議室設置

トレーラーハウスならではの移動の容易

10棟が並ぶのに3週間で完了しました。
2013年4月“キャンプ場に宿泊用モービルホーム(トレーラーハウス)4台設置”(岩手県山田町)
岩手県山田町
私達が初めて山田町に行ったのは震災から3ヶ月後でした。まだまだ、過酷な日々が続いておりますが、少しずつ確実に復興しています。
山田町に行ってみませんか!!

山田キャンプ場

宿泊棟としての活用

4台の設置

山田キャンプ場
2013年04月「各地への提案」(宮城県名取市・女川町を始め多くの自治体で検討が始まっています)

名取市長、米国の
警察官と清水國明さん

名取市長との懇談に、
防災のプロが集結

警察官として駐在所を
見て嘆き。(女川町)

2013年4月28日
エルファロ

エルファロスタッフミーティング
お客様のもてなしに議論
2012年12月27日オープン エル ファロ(トレーラーハウス30台)(宮城県牡鹿郡女川町)
 第1期グランドオープン宿泊48室、レストラン、会議室等  EL FAROについて(詳細)
(消防検査・保健所検査・デッキ等は分割式・特殊車両道路通行許可・ライフラインの接続等、全てをクリアーしております)

2012年12月27日開業

お洒落なフロント

パルケ(レストラン)の全容

憩いのデッキもあります。

レストランから窓越しの風景

多くの皆様にご参加頂き
開業致しました。

お洒落なお部屋で寛いで
頂きたい(28日連泊感謝)

お洒落なレストランでの朝食
いいよ!(飲み物無料)

疲れた一日を寛いで
頂きたい(落ち着くよ!)

モーリシャスブルーと
木の色が調和!

町の土地を借りての事業

建築制限地域での運用

設置開始から2カ月で開業

人の温かさを感じます

ゆっくり休んで下さい

2012年7月に場所決定
現地調査から始まりました

2012年9月ライフライン
工事が開始されました

2012年12月搬入開始
基準緩和認定、道路通行許可

12月センターデッキ作り
清水国明さん指導

記念のフクロウと熊
(弊社代表・清水さん・理事長)
2012年6月「いしのまき復興マルシェ」(トレーラーハウス3台活用)(宮城県石巻市中央・しみん市場)
  石巻商工会・石巻復興株式会社等による復興マルシェは石ノ森章太郎記念館の向かいです。
(レストラン・野菜市場・鮮魚販売)等に活用されております、敷地内にはB級グルメ「石巻焼きそば」もあります。

しみん市場(鮮魚・
野菜・レストラン)

オープニングは市長さん始め、
国、県から参加

オープニングは多くの皆さん
が参加され盛大でした。

野菜販売

鮮魚販売
2012年5月「動物病院」
院長先生の温かい志で
相馬の動物も見てもらえる
事になりましたm(^^)m
福島県相馬郡

宿泊用・受付・診察

時には泊り込みで

土地は借り物
2012年1月「気仙沼〜絆〜プロジェクト」(トレーラーハウス3台拠点開設)(宮城県気仙沼市:五右衛門ヶ原)
 主催:独)産業技術総合研究所  コンソーシアム:NPO河口湖自然楽校、帝人梶A本田技研工業梶A潟Jンバーランド・ジャパン他
 27日シンポジウム:弊社代表、清水国明さん、ACCENTUREがそれぞれの立場で災害対策を講演致しました。
 28日オープニング:気仙沼市長を始め多くの皆さんが参加致しました。 秘書課のツイッター

気仙沼の多くの皆様に温かい環境と評価を頂いております。(ソーラー・汚水浄化・発電・トイレ・お風呂・床暖房等備えた自立型)

市長さんの挨拶

3台設置

清水国明さんと

講演(弊社代表)

講演(清水国明さん)
2012年1月「NPO河口湖自然楽校(清水国明さん)」(生きる力RVプロジェクト)
 気仙沼の2台は清水国明さん達の支援で設置されております「全国にトレーラーハウスを備蓄しませんか」
女川町「総合学習や図書室に」 「UNICEFさん」・俳優の「中村雅俊さん」が素敵なプレゼント
10月14日、「地元出身の俳優中村雅俊さん」・12月22日、「UNICEFさん」により寄贈された「ふれあいオレンジハウス1〜3」
及び男子・女子用のトイレ棟の4台、小学・中学年向け図書室や学習室として活用されます。
写真は「中村雅俊さん」「UNICEFさん」の贈呈式の様子です。
明るくてお洒落に設置完了。夕方にはポーチライトに電気が入ると素敵なカフェの様になりました。

4台の設置完了
これからセレモニー!!

女川町長さんのご挨拶
若い町長素敵でした。

なんとブルーのサンタ
Unicefカラーです。

ダー!じゃないよ
未来に頑張ろうYES

400人全員で「きよしこの夜」を合唱m(^^)m

多くの方が贈呈式を
待ってましたm(^^)m

15時から式典

ふれあいオレンジハウス
名前の意味は?

子供達の思わぬ反応

いよいよテープカット
地元の子供達と!

この後、皆さん見学

白紙の額に皆で将来
の夢を書いて・・と。

将来何になる??

テーブルやソファー
大型TV、全て寄贈
岩手県「陸前高田米崎仮設住宅自治会の集会所」 セレモニー9月16日:40人以上が参加
  80世帯が集まる自治会に集会所として設置いたしました。当日は危機管理研究会のお財布プロジェクトも行いました。

納品後の記念写真

本当の笑顔

皆さんと内見会

式典:鍵の引渡し

自治会長さんの挨拶

御財布プロジェクト

陸前高田市内運行中

陸前高田市内運行

米崎中学校到着

80世帯の仮設住宅
岩手県「住田町仮設住宅の集会所」として「2台」の活用。セレモニー9月9日
  9月9日、2ヶ所の仮設住宅にそれぞれ1台づつ設置完了。今後、東北地方の新産業として検討を開始いたしました。

岩手県住田町町長さんと
今後の対策を打ち合わせ

本町団地(17軒仮設住)
集会所として設置

セレモニーには20人も参加
町長様のご挨拶

火石団地(13軒仮設住)
集会所として設置

何よりは住民の方の
笑顔が一番嬉しい!
「清水 国明」さんが12月9日来店(トレーラーハウス国内備蓄に向けて)  「清水さんのブログ」読んでみてね!
災害時の活用のため日本政府へ備蓄を提案。(内閣府防災フェア2011)2500人が参加

東京臨海広域防災公園
8月20日・21日

東北地方の皆さんも
参加、地物の販売

災害救助犬の実演等
様々なセミナーを開催

2日間で2500人が参加
防災に関して有効です
内閣府防災フェア詳細
内容
各省庁の後援もあり
多くの皆様の理解を
頂きました。
行政の協力も頂き新築自粛制限の中、復興が進み始めました。(7月〜)
  一日も早い設置が必要です。そしてそこには笑顔がありました。
  トレーラーハウスの活用例を公開しながら、皆様の元気を紹介してまいります。

大切に運びました

瓦礫の中を輸送中
23年10月女川町

将来のため夢を持って
サンタはきっといる!

スマートライフケア活用
[ソーラー・見守・売店]

いしのまき復興マルシェ
3台(食堂・売店・魚下し)

4台設置完了(12月女川)
これからセレモニー

デイケア施設(12月気仙沼)
普通に介護は必要です。

デイケア用バスルーム
社会福祉協議会の活用

追加して4台(石巻)

復興のための宿舎
30名が宿泊するとの事

宿舎(石巻12月)

子供図書室(女川10月)

事務所(気仙沼10月)

販売店舗(気仙沼10月)

販売店(仙台9月)

島料理「友福丸」9月
ぶっかけ雲丹ご飯が
お勧め!(石巻)

美容室(8月)(山田)
保健所の許可もおり、無事の開店、綺麗に花も咲きました。

美容室での活用
7月末の開業目指し
ともし火から復興開始

半倒壊からの復帰
半倒壊なのに全部壊さなけれ
ばならない現実・・・。(8月)

販売店(仙台9月)

ご家族の住まい!
2台を活用、2世帯が一緒
にいるために(石巻8月)

やっぱり仕事!9月
網を巻く機械を
修理していました。
頑張るぞ〜が響く

組合の事務所として
被災した建物の先は
海「復興へ」

仙台には展示場も
販売店さんが9月〜
仙台の展示場として
展開いたします。

皆様の要望で展示
国道45号線その先は
海「新しい提案」
ボランティアセンター等で活躍が始まりました。(被災3週間目〜)

気仙沼ボランティアセンター
左は受付テント

早朝6時から設置
エリート (4月1日)

住田ボランティア拠点
に活用
(4月1日)

大船渡の北、住田町

自走式も設置
(石巻)(4月10日)

大船渡復興支援
ロイヤルWロフト設置
(4月10日)

住田町に2台目、大型を
設置、ボランティア支援

住田町から
大船渡市内に移動、
荷物の整理
(10日)

復興局として設置
(住田町)4月13日

復興局へ2台目設置
(住田町)4月29日

大船渡に到着
直ぐに人が集まり談義

設置完了まで1時間
(大船渡)4月10日
東北地方太平洋沖地震(2011年)支援以来により現場への始まり 3月31日〜被災地への設置開始!
被災地の皆様に少しでも早く復興できます様、
スタッフ一同、社をあげて協力させて頂きます。


1日でも早くの復興を
願います

夜間の高速道路
撮影は後方警戒車

早朝の高速道
撮影は後方警戒車

夜間〜早朝へと交代
で休まず輸送します。

到着そして驚き、こんな
方法もあるのかと・・・。

興味津々しかし活用勝手
が良い事を理解!

気仙沼からの要請で長野
を出発することに決定

当日は降雪のため運行
計画見直しかと思われた
が無事出発

道路の通行規制が解除
新潟県を経由して輸送

気仙沼市災害ボランティア
支援センター(設置前)

AM4時、被災後は真っ暗
暗闇の町に灯火が必要

気仙沼市街地は、報道より
現実の厳しさを感じた

これからは人手と予算が
必要だと感じました。

被災して3週間、しかし
道が開通しただけ

塩分や油分を含んだ
土砂の処理が問題

瓦礫と化した町、早急な
復興の課題は・・・。

津波は屋根の上まで
あまりの惨さに・・・。

大船渡市内へ設置
長野県大型リゾート土砂崩落(2010年)保養所が半倒壊

5月末、半倒壊の保養所

6月中旬、解体開始

7月、解体が終わり復旧へ

7月初め設置完了
搬入日に照明が点き、
冷蔵庫が稼動、お風呂に入れ、
キッチンが使え、エアコンが稼動
してゆっくり就寝できるまで
約半日でした。
緊急地震速報・講習会2008東海 愛知工業大学にトレーラーハウス展示、講習会で講演
  実物のトレーラーハウスを見学して頂き、災害発生時の諸外国での活用方法を講演いたしました。
愛知工業大学キャンパスに2日間展示して多くの皆様に御覧頂きました。 災害関係者や学生の皆様から、実際の活用があると高い評価を得ることができました。 被災地でのトレーラーハウスの活用を講演、今後の日本国内の普及に期待致します。 災害発生時の諸外国での活用事例を報告、活用の広さを説明しました。
新潟県中越沖地震(2007年)計画から設置、「笑福市」「クリスマス」「新年」まで。

10月、柏崎の皆様が長野に
視察、検討しました。

町の中心地にトレーラーハウス
の設置を計画。

地元期待の復興写真、
完成合成写真スタッフ全員

地権者3名、予定地の整備
は日夜を通して行われた。

造成と上・下水の確保に
大変な作業が行われた。

いよいよ設置場所の決定
、皆さん一丸となって

12月11日大勢が見守る中
搬入いたしました。

早朝5時、1台目到着、
市会議員さんも交通整理

2台目到着、大勢の報道陣
カメラの中、無事到着

2台目搬入状況2時間後
電気・水道がつながった

12月11日、設置完了
2台の搬入も半日で完了
復興の第一歩が始まりました。

イベントの準備完了、あっと
いう間に設置作業が完了
皆さんインタビューに
追われていました。

12月16日待ちに待った
「笑福市」の開催、右から
柏崎市長、新潟県、
北陸建設公斉会、弊社代表

おごそかでにぎやかに
始まった「笑福市」報道
関係者50名以上、
とても元気でした。

オープンしたトレーラーハウスの
中は暖かく、美しく飾られ、
熱気でいっぱいでした。

寄付されたもみの木に
願いを「一日も早く復興
出来ますように。」

復興のお手伝いができ
感謝状まで頂きました。

皆様からクリスマスカードを
頂きました。

振興会様から、年賀状を
頂きました。

皆の心に明かりがともり、
復興の一歩を踏み出した
福岡県西方沖地震(2002年)
震災の10日後長野を出発
直江津港より福岡へ。
福岡港には夜間到着致しました。
そのまま設置予定地に運搬。
予定地に設置完了。
震災発生から2週間後の様子
阪神淡路大震災(1995年)

震災復興プロジェクト
「神戸ハウジング
ミッション」

被災者、商社等の参加者、
米国では市長・議員他政府
の皆さんの参加

記者会見では、
カンバーランド代表が
団長として会見致しました。

米国では各局からの取材の
申し込みがあり大変でした。
(チャンネル16)

記者会見はインディアナ政府の
通訳により行われました。
弊社は、米国のパワーと合理化
を学び、日本の将来のため
トレーラーハウス開発を決意しました。

アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁 http://ja.wikipedia.org/wiki/FEMA
(Federal Emergency Management Agency of the United States、略称:FEMA)は、大災害に対応するアメリカ合衆国政府の政府機関である。天災にも人災にも対応する。アメリカ国土安全保障省の一部であり、緊急準備即応次官 (Under Secretary of Emergency Preparedness and Response) の下に置かれている。

FEMAは、洪水、ハリケーン、地震および原子力災害を含む、その他の災害に際して、連邦機関、州政府、その他の地元機関の業務を調整することを請け負っている。また、家屋や工場の再建や企業活動・行政活動の復旧にあたって、資金面からの支援を行う。

各州や連邦政府直轄地等(ワシントンD.C.)には緊急事態管理局という下部組織が存在する。

* 写真をクリックすると画像が大きくなり見やすくなります。
トレーラーハウスの活用方法は公的にも一般社会でも役に立つものです。
多くの皆様に正しい活用をご理解頂き、災害発生時に有効に活用して頂きたいと祈っております。
【お問い合わせ先】
株式会社カンバーランドジャパン
本社:〒381-0024 長野県長野市南長池337-1
TEL:026-221-9997/FAX:026-221-4848
E-Mail:cumber@valley.ne.jp
Copyright (C) 2006 Cumberland Japan. All Rights Reserved.